FC2ブログ

組合加入のきっかけ(2)

雇用への不安が増すなかで、2012年9月頃になると常務理事S氏は私個人をターゲットにした様々な嫌がらせをするようになってきました。
第一弾として、総務・庶務業務への転換を命じてきました。さらに、これまでは、明確に担当者を決めず、他の職員も含め兼務してきた業務についても担当者に命じてきました。その中には時計の電池交換やビル管理会社が行う害虫駆除時の防汚処理までもが含まれていました。また、総務・庶務業務が担当であることから、私1人のみ、フレックスタイム制の適用除外とすると伝えてきました。
 次に、S氏は、申請書で許可をとり購入したアルコールティッシュやペーパータオルの個数が多いということで、10月15日、出社早々会議室に呼び出し、「なんであんなに買ったのだ」と脅しに近い口調で叱責してきました。半年後に銀座から横浜への引っ越しが決まっていたため、先輩職員に個数を相談し、申請を行って購入した経緯を伝えましたが、聞く耳を持たず、叱責するのみでした。さらにこの先輩職員に助けを求めても、「自分は買いすぎだと思う」と態度が一転、事務局長のK氏に「大量に購入している」と告げていたことが、本人の発言により発覚しました。
上記以外にも様々なS氏による嫌がらせ、それに同調する事務局長K氏の態度、先輩職員の態度の変化にとてつもない不安や憤りを感じ、10月13日、東京ユニオンへ加入することにしました。
スポンサーサイト
プロフィール

東京ユニオン

Author:東京ユニオン
労働組合東京ユニオンの日産財団闘争を伝えるブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR