リシュモンジャパンと和解

リシュモンジャパンでの、不当解雇の争議にあたり、
このたび、勝利的解決を迎えることができました。

社員のみなさん、ご支援ありがとうございました。

東京ユニオンの組合員、全国ユニオン傘下の各ユニオンの組合員のみなさん
ご協力、ご支援ありがとうございました。

会社と和解し、ユニオンの勝利的解決とできたことは
多くの人の支援があったためと思っています。

東京ユニオンは、今後もリシュモンジャパンでの相談をお受けいたします。

相談があったことは、会社にはわからないので、
何かが変だな?と思ったら、いつでも連絡してください。

「これは変だ」「これはおかしい」と思う感覚は、ほとんどあたっているものです。
何かが起こったとき、行動をすぐすることが、解決への近道になります。

自分自身をあきらめないでください。

東京ユニオンはみなさんの力になります。
電話 03-5354-6251






スポンサーサイト

リシュモンジャパンが言う「ローパフォーマー」は解雇されるのか?

会社が言う「ローパフォーマー」は、
簡単に解雇できるのか???


解雇をめぐる裁判は相当数にのぼります。

裁判所が求める対応は、安易に社員を解雇するのではなく、教育・指導するなど勤務態度の改善を図り、場合によっては異動、配置転換するなどなすべきことを尽くさない限り、解雇を有効と認めないと考えています。

組合員のYさんの評価期間はたったの1ヶ月でした。
当初から期限もなく、どの程度の達成目標かも示されていませんでした。

初めから、結果は決められていたのです。

出来なかったことが一つでもあれば、できない社員とするのです。
いくらがんばっても、できないことを探し出して、追いつめていきます。

人はだれでも、ミスもする失敗もする。
それをみんなでカバーしあって、会社の業務を回していくものです。
誰か一人だけが突出していても、会社は回りません。
それぞれの持ち味を活かしながら、チームワークでするのが仕事です。

今のリシュモンの人事部はそんな基本的なことすら理解していません。

今後のリシュモン社内のことが心配です。





リシュモンジャパンでのPIP

今もリシュモン社内で行われている
PIP(業務改善計画)


PIPは形を変えた退職強要です。

能力やキャリア発揮が目的であるかのように装いますが、上司の恣意的な判断に左右されやすいものです。

PIPで与えられる課題には、達成までの期限が設けられ、PIPの行使に至るまでに労働者を「仕事ができない」と責め立て、達成できなければ社内に居場所がないと思わせるように追い込んでいきます。

また、ノルマが達成できない場合は、賃金ダウンや降格、配転、退職に合意するという書面にサインをさせられることもあります。

評価基準も明確なものはなく、パワハラにあたるような内容で、プライドが傷つけられていきます。

PIPを行使されたときは、自分と上司との関係にとどめず、ユニオンや法律家に相談してください。

そのPIPが適切なものなのか、単に退職強要の手段なのか見極めましょう。

同じような目に合っている方が社内に複数いる場合は、一人で悩まずできるだけ声を掛け合って下さい。



リシュモンジャパンからの解雇理由はころころ変わる

今回のYさんが解雇通告を受けた理由は、

当初は
「担当業務をアウトソースするから」という理由でしたが、
そのあとでは
「業務に改善がみられないから」という理由に代わりました。

団体交渉の中で、会社は
「ヨーロッパでの業績が悪く今までと同じマネージメントではやっていけない」と説明しました。

本当に業績が悪くて人を減らさなくてはならないのか?

Yさんの場合とは異なりますが、業績が悪く会社を縮小する場合などは、整理解雇となります。
整理解雇するには4つの要件が必要です。

1、人員整理の必要性
  本当に経営状況が悪いのか、相当な必要性があるのか
2、解雇回避努力義務
  役員報酬の減額、新規採用抑制、希望退職募集などを行ったかどうか
3、解雇する社員の人選の合理性
  人選基準が合理的か、具体的人選も合理的か
4、手続きの妥当性
  説明、協議、納得を得るための説明、資料提示などの手順をふんだかどうか

上記4つの要件を満たさない場合、整理解雇はできません。

リシュモンジャパンの今後は、どうなるのでしょうか??(=゚ω゚)ノ




リシュモンジャパンの評価は適正なのか?

人間の評価は、マニュアルで簡単に評価できるものではなく、多くの仕事は数値化できません。
なんでも個人の責任や評価に還元するのではなく、チームや上司が共同で責任をとることが必要であり、それが、社員一丸となって会社に貢献することにつながるものではないでしょうか。

労働組合は、会社と対等に話し合うことができます。
個人で求めても答えの出なかったことを要求し、実現できることがあります。

お互いを大切にし、助け合いましょう!o(^▽^)o